トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ RSS ログイン

VAPE/MELO3アトマイザー漏れ考察

VAPE/MELO3アトマイザー漏れ考察

普通に使っているとき

トップキャップを開けてリキッドを補充する。このとき、
  • トップキャップが開いている間は重力によりリキッドがコイルに染み出す
  • トップキャップが閉まっていてもタンク内圧とリキッドに働く重力が釣り合うまではコイルに染み出す
  • エアホールが閉まった状態で吸うと、チムニー内圧<タンク内圧となり染み出す
  • エアホールが開いていても強く吸うと、チムニー内圧<タンク内圧となり染み出す
  • パフすると、タンク温度が上がるとタンク内圧が高まり染み出す

→つまり、リキッドを入れるとき、入れた直後は供給過多になり、ジュルジュル→漏れ出す要素しかない。

次に、ある程度パフをして吸っていくと、
  • リキッドがコイルに染み出したぶんだけタンク内圧が下がる
  • タンク内が負圧になっていれば染み出しにくい
  • ある程度タンク内圧が下がると、コイルからタンク内に気泡が上がる

→ある程度吸って安定してくれば漏れない。

じゃあ、漏れたときやリキッドを入れた直後にどうすればいいのか?
  • 吸い口を下に向けてコイルへのリキッド供給を断つ
  • ドリップチップから出てくるコイルに供給され過ぎたリキッドをふき取る
  • 吸い口を下に向け(自分は上を向く)たままパフしながら吸ってコイルに含んだリキッドを消費する
  • エアホールを全閉にして、強く吸いながら吸い口を上に向ける(自分は下を向く)

→タンク内圧が下がった状態で供給穴をリキッドで塞いだ状態になる。

こんなときは

良い感じだったのに突然漏れてきた!

リキッドが減ってくるとどうなるか?

  • タンク内の空気の量が増える
  • 吸った時にチムニー内圧<タンク内圧となった状態でリキッドが出てくる量が多くなる

→リキッドが供給過多になりジュルジュル→もれやすくなる。
エアホール全開でゆっくり吸えば圧の差が少なくなりもれにくい?

常に漏れる
  • コイルパッキン不良?
いつ漏れてるのか分からない
  • 供給過多になったリキッドが最下部のパーツの皿状になった部分に溜まる。
  • 吸いながらエアホールを開閉してみてプツップツッと聞こえたら、すでにもれている!

漏れやすくなると思われる使い方

  • 頻繁にトップキャップを開けて継ぎ足しする
  • リキッドをちょっとだけ入れて使う
  • 強く吸いすぎ
  • エアホール閉めすぎ
  • 横向きに置いておく